セカンドオピニオン税理士☆徹底ガイド

税理士の変更をセカンドオピニオンとして考える

セカンドオピニオンは、治療をする上で一つの治療方法ではなく、いくつかの選択の幅が広がります。当サイトでは、税理士をセカンドオピニオンとして考える時にはどうすればいいかを掲載しています。税理士を変更したいという方は、ぜひ、当サイトを利用してもらいたいです。

医師は税理会計に関しては、何でも相談ができるけど、それ以外のことが相談しにくく、コミュニ―ケーションの部分で欠けているような気がする方は、開業を成功させるには税理会計の点だけでなく、それ以外のことも相談できなければ、本当の成功にはつながらないです。

税理士によっては、税理会計以外に相談をしたりすると追加料金が取られたりするので、他のことが言えないという方も多くいらっしゃるので、セカンドオピニオンとして税理士を比較し直すことがとても大切です。当サイトは、税理士の変更を真剣に考えている方に役立つサイトです。

税理士法人YFPクレア

公式サイトはコチラ

POINT

サービスを利用する料金が複数コースあって便利
無料サービスで相談に乗ってくれる
新宿や埼玉等の幅広い地域にオフィスが存在する

顧問弁護士以外に税理士を雇いたい時に頼りになる税理士法人YFPクレアでは、セカンドオピニオンのサービスを利用できます。セカンドオピニオンには、月額3万円と月額5万円の他に月額10万円のコースが存在するので、料金設定が複数あって便利です。

セカンドオピニオンのサービスを初めて利用したい人等は、無料サービスで相談する事ができます。サービスに関する質問だけでなく、見積りの依頼についても無料サービスなので、とても心強いです。平日の朝10時から18時であれば、好きな時に電話で問合せできます。

新宿の四谷にオフィスがありますが、埼玉県のさいたま市や千葉県の千葉市等にもオフィスを構えているので、幅広い地域でサービスを利用できます。国際税務や資金調達等のサービスも受けられるので、とても便利です。

税理士法人ベリーベスト

公式サイトはコチラ

POINT

顧問税理士に相談せずにサービスを利用できる
ワンストップ対応でサービスを提供してくれる
サービス料金が安くて初回相談が無料

セカンドオピニオンのサービスが利用できる税理士法人ベリーベストでは、顧問税理士に確認を取らなくてもサービスを提供してくれるので、とても便利です。顧問税理士の仕事内容に不安がある場合は、しっかりとプロの目でチェックしてくれるので、頼りになります。

優秀な税理士だけでなく、弁護士や社労士等の専門家がグループ法人に在籍しているので、ワンストップで様々なサービスを利用できます。税理士や弁護士等がグループ内で互いに協力して問題を解決していくので、とても心強いです。

サービスの利用料金はリーズナブルな基本料金にサービスを追加する度に加算されていく形になるので、料金設定が分かり易いです。初回の相談が無料サービスですし、60分間相談できるので、どんな悩みにも対応して貰えます。

エー・アンド・パートナーズ税理士法人

公式サイトはコチラ

POINT

効率的な税務処理を実現してくれる
顧問弁護士がしっかり仕事をしているのかチェックしてくれる
迅速な対応をしてくれる

中小企業が税金対策等をする時に頼りになるエー・アンド・パートナーズ税理士法人では、セカンドオピニオンとして有能な税理士の先生がサービスを提供してくれます。効率的な税務処理を実現してくれますから、非常に便利な存在です。

セカンドオピニオンのサービスの便利な所は、効率的な税務処理以外にも他で契約している顧問税理士がしっかりと仕事をしているのかをチェックする役目も担ってくれます。税金のプロの税理士がチェックするので、とても心強いです。

税理士の先生やスタッフの方が担当するお客さんの人数を制限しているので、いつサービスを利用しても迅速で正確な対応をしてくれます。セカンドオピニオンのサービスを全国のお客さんに提供してきた実績があるので、経験も豊富です。

税理士法人コスモス

公式サイトはコチラ

POINT

顧問税理士が別に居てもセカンドオピニオンを利用できる
大規模法人だけでなく個人の相続税対策でもセカンドオピニオンは利用可能
お得なサービスコースが存在する

相続税の時等に頼りになる税理士法人コスモスでは、優秀な税理士の先生がセカンドオピニオンのサービスを提供してくれます。顧問税理士と既に契約している場合でもセカンドオピニオンサービスは利用できるので、非常に便利です。

セカンドオピニオンのサービスを利用できるお客さんは大規模法人や中規模法人等の規模の大きな会社だけでなく、個人の財産評価や相続税等でも利用可能なので、幅広いお客さんをサポートしてくれます。他の税理士事務所との契約は変更する必要がないので、安心してサービスを利用できます。

税理士の先生に無料で相談をする事ができますし、セカンドオピニオン契約は訪問回数を少なくすれば、料金が安くなるので、サービスを利用しやすいです。小規模法人や個人の資産家の方であれば、更にお得なサービスコースも利用できます。

東京メトロポリタン税理士法人

公式サイトはコチラ

POINT

スポット契約や短期間の契約も可能
無料相談でセカンドオピニオンのサービスの内容を確認できる
様々な分野のプロフェッショナルが在籍している

税理士のセカンドオピニオンとして便利なサービスを提供している東京メトロポリタン税理士法人では、スポット契約や短期間の契約でも快く引き受けてくれるので、お試し感覚でセカンドオピニオンのサービスを利用できます。

初回の相談を無料サービスで対応してくれますから、セカンドオピニオンについて知りたい事等を教えて貰えます。セカンドオピニオンを担当する税理士の方との相性などが気になる場合も、無料相談は2時間用意されているので、安心してサービスに移れます。

法人関係に強い税理士や不動産等の資産税に強い税理士も在籍しているので、それぞれの分野に精通したプロフェッショナルが仕事を担当してくれます。個人事務所の時代も合わせると、30年以上の実績があるので、非常に頼もしいです。

税理士法人チェスター

公式サイトはコチラ

POINT

セカンドオピニオンのサービスがある
無料サービスで相談と面談ができる
低価格でスピードあるサービスを利用できる

相続税を申告する時等に税理士の力が必要になりますが、税理士法人チェスターが頼りになります。特徴的なサービスとして、セカンドオピニオンのサービスがあるので、相続税申告を他の税理士事務所でやっている場合でも、気軽にサービスを利用できます。

無料サービスで面談と相談を引き受けてくれますし、セカンドオピニオンについての相談では、他の所の税理士について不安がある時等にも的確なアドバイスをして貰えます。面談は実際に対面して話ができますから、安心して相談できます。

優秀な税理士の先生が良心的な価格で仕事を引き受けてくれますから、費用負担に不安がある人にも便利です。価格は安いですが、スピーディーな仕事をしてくれるので、非常に高品質なサービスを受けられます。

セカンドオピニオン税理士のメリットと税務調査

税金の申告額が間違っている時などは、調査が入ることもあります。いわゆる税務調査です。例えば本来納税すべき金額は、200万円だったとします。ところが何らかのミスによって、実際に納税した金額は70万円でした。この場合、税務署からの調査が入るケースもあります。税務署としては、納税額に関する確認作業も行っています。確認してみた結果、何らかのミスが発覚した時には、職員が立ち入り調査する事もある訳です。多くの方々は、その調査を心配しています。上記のような状況になった時には、差額の130万円を支払わなければなりません。しかし、それも税理士次第です。税理士が上手く交渉した時には、もう少し低めな金額になる事もあります。ですから多くの事業者は、事業を始める際に税理士に相談している訳です。

ところで事業を営んでいる方々は、たまにセカンドオピニオン税理士も検討しています。現時点で誰か税理士と契約していても、あえてセカンドオピニオンを求めるケースも少なくありません。その理由の1つは、上述の税務調査です。確かに税理士は、税務調査に関する交渉は行ってくれます。しかし税金に関する交渉は、必ずしも上手く行くとは限りません。そもそも税理士は、それぞれ得意分野も異なりますし実績も異なります。調査に関する交渉の実績があまり豊富でない税理士ですと、失敗してしまうケースもあります。場合によっては追加納税などが発生してしまい、130万円以上の金額を支払う可能性もあります。税金を納付する側からすると、それも少々困ります。その点セカンドオピニオン税理士に相談すれば、良い結果に結びつくケースも多いです。

上記でも触れた通り、税理士はそれぞれ得意分野が異なります。税理士によっては、税務調査に関する交渉に慣れている事があります。ですから例えば、現在はAさんという税理士と契約しているとします。しかしAさんは交渉にはあまり慣れていません。そこでBさんという、交渉に慣れている税理士と契約しておく訳です。交渉に長けている税理士に相談してみれば、自分にとって有利な納税額になるケースも多々あります。それも考慮すれば、セカンドオピニオンは前向きに検討してみる価値はあります。またセカンドオピニオン税理士に依頼すれば、納税額を二重で確認する事もできます。Aさんが確認した申告書を、改めてBさんが確認するイメージです。それにより、申告書の内容も正確になるケースも多々あります。それにメリットを感じて、セカンドオピニオンを検討している事業者も少なくありません。

ページトップへ