街中にある薬局の中に漢方薬の看板を掲げている店舗がある。病院から発行された処方箋により調剤しているわけではないので保険が適用されない店舗になる。漢方薬は成分にもよるが高額な薬である。持続的に飲み続ける人は病院などで処方してもらい保険適用で手に入れてる人も多いほどである。しかし、街中で薬局が普通店舗として営業しているところを見ると利用者の数は想像以上に多いという現実につながる。ニュースで話題になったがインターネット通販で薬が購入できない法律が施行をされた。その際に遠方から漢方専門薬局で薬を取り寄せていた利用者が生活に支障が出ると施行に異議を唱えていた。漢方は飲み続けて効果が表れる薬である。即効性がない分、効きはじめると症状緩和に抜群の効能を発揮する。飲み続けることで体質改善が行われ、人間が持つ治癒力と免疫力の向上につながり病気を克服する働きを手助けするのだ。病院から処方される一般薬では回復しなかった病気が漢方薬の摂取により回復した例も多く見受けられる。病院から処方されない以上保険適用にはならず街中の薬剤師が調合する民間療法とになってしまうが古くから培われた自然の薬剤で身体を治癒させる方法は身体にとっては安全で害がない分高価な治療法ほと言える現状である

健康保険が使える漢方薬

健康保険を使って漢方薬を処方してもらえる場合と、使えない場合があります。処方してもらう場合は条件があり、まず、病院が漢方薬を扱っているところで、病気で使われることが条件となります。美容目的で使用する場合だと、保険適用になりません。適用されない自由診療になるかどうかは、担当の医師によります。病院で診断を受ける前に、適用になるかどうかを問い合わせてみましょう。ただし、適用になるかどうかは、病名が分からないと判断できませんから、どのような病気にかかっているのかが分かっている場合に限られます。医師によって、薬として錠剤になっているものは適用になるが、煎じて飲むタイプのものは自由診療の範囲など、判断が分かれる場合もあります。病院というところはまだまだ西洋医学が中心で、東洋医学を専門としているところは少ないように思います。漢方治療が専門の病院であれば、保険が適用になる可能性は高いでしょう。インターネットで専門医院を探すことができますから、検索してみてください。お住まいの地域や、住んでいる場所から近い病院を探すことも可能です。漢方医院や漢方外来などという名前が付いているところなら処方してもらえるでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*