風邪やそのほかの病気で病院を受診すると漢方薬が処方されることがあります。薬局やドラッグストアなどでも漢方薬を身近に感じることができるようになっており、一度は使用した経験があるという人は多いのではないでしょうか。自然界に存在する植物や動物、鉱物などを使用しているので一般の医薬品を使うよりも安心として利用している人も多いのではないでしょうか。そんな漢方薬ですが病院などで処方される場合に気になるのがその費用です。一般の医薬品は保険適用であるものがほとんどですので3割負担など一部の費用を負担するだけで済むのでできる限り病院で処方してもらった方がいいですが、漢方の場合にも保険適用してもらうことができるのでしょうか。適用が認められているのは一般の医薬品同様に医師の発行する処方箋に基づいて処方されるもので国が認めているものだけに限ります。ですから医師の処方箋に基づいて処方される漢方の中でも国が認めているものであれば適用されることになっています。現在、国内では様々な種類の漢方が使用されており約150種類ほどのものに適用されています。また生薬でも200種類以上が保険適用の対象となっており、一部の費用負担で済むようになっています。

保険がきくとお得に漢方薬を購入できます

漢方薬は、ドラッグストアで気軽に購入することができますが、症状によっては病院で処方してもらい、保険がきく場合があります。普通に購入するよりもかなり安くなるので、漢方は毎日飲むものですからとても助かります。例えば、婦人科で、産後のイライラや、冷え性や肩こり、月経前症候群などの相談をすると、漢方を提案されることがあります。内科でも扱っているところもあります。皮膚科でも、ニキビや肌荒れに悩んでいる場合、希望すれば漢方薬を処方してくれることがあります。漢方はさまざまな種類があり、あらゆる症状に対応できるので、気になる人は医師に漢方のことを相談して見ましょう。また、子どもにも処方することができます。軽いアレルギーによるかゆみや下痢や、夜泣きなど、気になる症状があれば相談して見ましょう。症状に合う漢方を処方してくれることがあります。もちろん保険がききますし、子どもの場合は医療費がかからない地域が多いので、たくさん購入するとなかなか高価になる漢方を無償で子どもに飲ませてあげることができます。漢方は苦味があるので子どもには飲みづらいですが、工夫して飲ませましょう。自分の体が調子がよくなるので、自らすすんで飲みたがる子もいるし、意外と慣れていきますから、頑張って続けてみましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*