成分

青汁の主原料には主にケール、大麦若葉、桑の葉、明日葉です。

青汁にする葉っぱはどれも栄養豊富ですが、原料の葉っぱが違えば、含まれている成分が違います。また、同じ葉っぱでも収穫の時期が異なれば含まれる栄養成分も変わると言われています。

健康のために飲みたい青汁ですから、含まれている成分については誰もが興味のあるところですね。

青汁の主原料である葉っぱの成分を比較してみましょう。

【ケール】

キャベツ類の原種といわれている。

含まれる健康成分:

カロテノイド、ケンフェロール、ゼアキサンチン、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ベータカロチン、メチルメチオニン、メラトニン、葉緑素、ルチン、ルティン

【大麦若葉】

含まれる健康成分:

ビタミンB1、ビタミンC、カロチン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、葉緑素、酵素

【桑の葉】

含まれる健康成分:

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、葉緑素、ルチン、イソクエルシトリン、SOD活性、食物繊維、桑の葉特有成分

【明日葉】

含まれる健康成分:

ゲルマニウム、ビタミンB12、カルシウム、鉄、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、純ビタミンC,ビタミンB6、ビオチン、バントテン酸、葉酸、コリン、ニコチン酸、カロチン、葉緑素、銅、亜鉛、マンガン、リン、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、塩素、ケイ素、硫黄、ルチン、サポニン、明日葉特有の成分カルコン

ケールは青汁の主原料としてはもっとも古くからあり、ポピュラーなものです。しかし、独特の苦みがあって飲みにくいことから、今では青汁の中では比較的味に癖がない大麦若葉の青汁が中心になってきているようです。

桑の葉や明日葉は、葉っぱとしての栄養分はもちろん、独自の健康成分が含まれていることから人気になっています。

桑の葉の血糖値を下げる成分や、明日葉のデトックス成分は健康や美容を気にする青汁ファンにはたいへんな魅力になっているようです。

主原料をいくつか合わせ、お互いのいいところを反映させた豪華な青汁も出ているようです。

青汁をあなたの健康な生活に役立ててみてはいかがでしょうか。