漢方薬は様々な場所で売ってあるので、中には健康保険が効かないと勘違いしている人もいるかもしれません。ですが、漢方薬でも保険が適用になるケースはあるのです。そうするための方法は、病院を利用することです。ある程度漢方の処方に詳しい病院に行きましょう。そこで、自分がこういった症状で悩んでいることと、処方薬は漢方がいいということを伝えてください。これまで飲んでいる漢方薬がある場合は、そのラベルや成分表などを全て持って行きましょう。成分が分かると処方がしやすいという医師もいますし、中には処方薬についてのチェックやアドバイスが貰えるケースもあります。場合によってはもっと症状に適したいいお薬に変わるケースもあります。その病院の会計の際に保険を利用しましょう。院内処方の場合は一回で済みますが、調剤薬局に足を運ぶ場合もあるでしょうから、その場合は処方箋を貰いましょう。調剤薬局でも同じようにしましょう。漢方にかぎらず、お薬全般について詳しい医師の診断があるということはとても心強いものです。近年、多くの意思が漢方についての知識を得たいと思っているようですので、身近なところにそういった医師がいるということはとても心強いものですね。

漢方薬への健康保険適用をめぐる問題

漢方薬への信頼を持っている人は多いです。西洋医学が病気の原因を薬や治療で取り除こうとしますが、漢方医学では、その人の自然治癒力や抵抗力を高めることによって、病気の症状を治していこう、という点に大きな特徴があります。漢方薬の原料は、当帰や麻黄などといった自然由来の植物です。これを乾燥させたものが生薬と言われています。かつては、この生薬を組み合わせて煎じて飲んでいました。昨今では、生薬のエキスを抽出した粉末状も多く見られるようになりました。この生薬にもエキスにも、健康保険の適用が認められています。ですから、かかった費用の3割の負担で飲むことができます。もちろん、病院で医師に漢方の処方箋を書いてもらわないことには適用の対象にはなりません。また、健康増進のための体質改善といった趣旨では、やはり適用されないのです。あくまでも病気治療のため、という目的に限定されるのです。また、漢方専門の診療所の中には、その人の今の体調や元々の体質、なぜそうなったのかを総合的に分析し判断する「証」を重視するところもあります。そんな場合、漢方治療を行っても保険を使えない場合もあるのです。一見奇妙な話ですが、これは、使用する漢方の薬に適用される病名が決められないと健康保険を使っての処方が書きにくいという側面があるからなのです。まだまだ、漢方薬の利用には大きな制限があります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*