漢方薬は医師が使えば保険適用です

漢方薬は薬局で購入したりするとかなり値段が高いですが医師が処方すれば保険適用です。自分で購入するよりかなり安価です。ちなみに、この漢方薬を処方する医師はふえました。内科の医師や、精神科の医師、耳鼻科の医師もどの科の医師も処方します。その処方の仕方は、慢性の病気であるめまい、頭痛がおおいと考えられます。もちろん、医師ですから検査をした上で身体に異常があれば薬を処方します。それでなおればいいのです。ただし、検査で異常がないのにつらさをうったえる患者が増えました。めまい、耳鳴り、頭痛などは薬ではなおりにくいので漢方を処方して体質改善を狙う訳です。ちなみに、保険適用もされるようになり患者の負担の少ないので処方すると考えます。漢方薬は長く飲まないと効かないイメージがありますが本当に自分にあう薬なら2週間で効くそうです。なんとなく、めまいが治った、耳鳴りが小さくなったなどであれば効いているということでしょう。そして、この効果に感動して、漢方の魅力にとりつかれる医師もいるようです。ちなみに漢方にも副作用はありますが、医師に処方されているのでなにか異変がおきた時に医師に相談できるのが最大の利点だと考えます。

保険診療が利く漢方薬とは

保険診療が利く漢方薬とは、医師が発行する処方箋に基づき国から認められた医薬品を調剤された場合になります。健康保険を使って漢方薬を飲みたい場合は、保険診療を行っている病院やクリニックへ行って処方箋を交付してもらう必要があります。ただし、この場合は病気の為に明らかに症状が出ている場合に限られます。現行の医療制度では、使用する漢方に適用されている症状や病名がつけられないと自費診療外での処方箋は出せないという現状があります。自費診療外の治療がなじまないのです。漢方エキス製剤には、医療用漢方製剤があります。これは医師の処方によって買うことができます。医師の処方がなくても買える、一般用漢方製剤もありますが、医療用漢方製剤より効き目が弱いです。現在では、役150種類くらいの医療用漢方エキス製剤が厚生省から認可されています。最近の調査では7割くらいの医師が処方しているといわれます。医師や薬剤師と相談しながら、症状に合ったものを選ぶことができるでしょう。煎じ薬も医療機関の処方箋があれば自費診療外で購入できます。自費診療でないと使えない生薬もありますが、現在は多くの生薬が使えるので十分でしょう。特殊な生薬が欲しい場合は自費で使うようにしましょう。