青汁とは、野菜の葉っぱを絞った汁のことで、粉末状にした製品が数多く販売されています。野菜不足を補う健康補助食品として人気があるようです。

一定の年齢以上になると、多くの人が生活習慣病を予防するように注意されます。まず食事を見直すことから始めるのですが、ほとんどの人が野菜不足に当てはまるといわれています。もともと野菜が嫌いで苦手だという人だけでなく、食事はごはんや肉、麺が中心になっていて、どうしても野菜は添え物程度になっている場合が少なくありません。喫煙や飲酒をしている人はさらに野菜を多めにとらなければならないといわれています。

このように食事でじゅうぶんな野菜をとることが難しくなってきたことも青汁人気を後押ししているようです。

青汁の原料には、代表的なものが三つあります。

【ケール】

地中海原産のアブラナ科の植物で、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富です。とくにビタミンA(ベータカロチン)や、ビタミンC、カルシウムの含有量が多い。

【大麦若葉】

葉緑素や各種ミネラル、ビタミンを多く含んでいる。青汁の中では飲みやすく、安価である。

【明日葉】

伊豆諸島では古くから葉と茎を食用にしていたが、ミネラルやビタミンが豊富なことから近年青汁の原料として用いられるようになっている。抗菌作用のあるカルコン類やクマリン類が含まれている。

青汁は粉に加工される段階で、ほかに栄養素を加えたり、飲みやすくするための素材を添加しているものもあります。加工の段階で、本来なら絞りかすになってしまう不溶性植物繊維も粉末に加えられているものもあります。

本来青汁は味にクセがあって飲みにくいものでしたが、愛飲者が増加するにつれて様々な改良がされているようです。飲みやすくなる一方でせっかくの栄養素が損なわれている場合もあるようです。

しかし、野菜不足を補うものとして続けやすいものを選ぶことは大事なことです。からだにいいからと無理をしても長続きしません。自分に合った青汁を見つけたいですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*