飲みやすい

青汁を健康のために飲むには、毎日続けることが大事です。

そこで、飲みやすいかどうかはとても重要です。

青汁を飲もうと考えている人の多くは健康のためだと思っているので、少々味が気に入らなくても毎日飲めれば問題ないのですが、毎日のことですから無理は続きません。

家族みんなで飲める飲みやすい青汁を見つけたいですね。

青汁が飲みにくいのはどうしてでしょうか?

青汁の主原料は葉っぱですから、その葉っぱの苦みや青臭さがあって、どうしても飲みやすい味にはなりにくいようです。

ほかにも、甘い飲み物に慣れているために、甘くない青汁がどうしても飲めないということもあるようです。

いくら青汁の素材が健康によくても、毎日飲めなくては何にもなりません。はじめはちょっと妥協して青汁を飲みやすいものにアレンジして飲むというのも方法です。

たとえば、はちみつや甘いジュースに混ぜて飲みます。甘さがあると、かなり飲みやすいです。

ほかに牛乳に溶かして飲む人も多いようです。こうすると、青臭さが感じにくく飲みやすいようです。

また、青汁を使った料理のレシピがたくさん用意されているので、飲むのではなく、食べるというのも方法です。

青汁の口コミを比較してみると、主原料がケールのみといったシンプルなものほど飲みにくいようです。主な主原料の葉っぱの中では大麦若葉が比較的癖が少なく飲みやすいようで、青汁の中心になってきています。

飲みやすい青汁にしようと思うと、主原料の葉っぱ以外に飲みやすくするための甘味料や抹茶など本来の青汁から遠ざかるものを添加せざるを得なくなります。

どこまで妥協するかは悩ましいところですが、慣れてくると、だんだん甘さのない青汁が飲めるようになる人も多いので、はじめから健康にこだわり過ぎないで、飲みやすい青汁をしばらく続けて飲んでみてはいかがでしょうか。いろいろ飲みやすいアレンジをくふうしてみてください。あなたにぴったりのお気に入りの青汁が見つかるかもしれません。