セカンドオピニオン税理士☆徹底ガイド

ホーム > セカンドオピニオン税理士の豆知識 > とても頼りになるハイレベルなセカンドオピニオン税理士

とても頼りになるハイレベルなセカンドオピニオン税理士

 いつも頼りにしている顧問税理士だけで解決できない問題に直面したら、その時は素直にセカンドオピニオン税理士として活躍している、レベルの高い税理士、そしてそういった税理士が在籍している事務所を探してみると良いでしょう。
優秀で信頼できる顧問税理士なら、自分自身で解決できない問題をそのままにする事は無いはずです。
大抵の顧問税理士は、セカンドオピニオンの依頼先として用意している税理士の存在を理解しているので、すぐに話を通してもらえます。
もちろん、その際には+ αとしてどのくらいの依頼料がかかるのか、聞いてみると良いでしょう。
税金の世界は奥が深く、1人の顧問税理士だけではどうしても賄いきることができない問題に直面することがあります。
そんな時は顧問税理士を責める前に、優秀なセカンドオピニオン税理士を探すことが大事です。

 それから、この業界はコネクションがかなり重要なポイントになります。
ハイレベルな税理士とつながっているなら、その税理士の先生にお願いするだけです。
全くつながっていない場合は、顧問税理士からのつながりだけではなく、身の回りの同業者や友人や知人にも声をかけて、オススメの税理士の先生を紹介してもらうのが無難だといえます。
これなら素人判断を避けて、無難にレベルの高いセカンドピニオンの経験豊富な税理士をピックアップすることも可能でしょう。
そのようなつながりがなかったとしても、今の時代はインターネットがあるので、割と早い段階でセカンドオピニオン税理士をピックアップすることができます。
ネット上なら全国規模で口コミ情報を確認できるため、その後すぐに優秀な税理士事務所のホームページに目を向けられるはずです。

 ホームページをチェックすると、今まで行ってきたセカンドオピニオン依頼の実績などを確認することができます。
何度もそのような二次的問題を解決してきた百戦錬磨の税理士事務所だということが最初からわかっていれば、余計な心配をせずに安心して任せることができるでしょう。
実績を確認するのと同時に、どのくらいの依頼料になるのかも、ついでにホームページで確認しておくべきです。
もちろん中身によって依頼料が異なってくるので、事務手数料や書類料金等に関して具体的に知るためにも、メールや電話で直接問い合わせをするのが合理的だといえます。
いざと言う時に急いでも間に合わなくなってしまうことがあるので、そうならないようにするためにも、日ごろから信頼できる顧問税理士と相談し、いつでも声をかけられるセカンドオピニオン税理士を用意しておくべきです。

次の記事へ

ページトップへ