セカンドオピニオン税理士☆徹底ガイド

ホーム > セカンドオピニオン税理士の豆知識 > セカンドオピニオン税理士が今選ばれている訳とは

セカンドオピニオン税理士が今選ばれている訳とは

 今、ビジネスシーンではセカンドオピニオン税理士を付ける事が当然とされる傾向にあるようです。
セカンドオピニオン税理士とは、常時税に関する問題等の相談に乗ってくれる顧問弁護士とは別な税理士の意見を得る事を言います。
何故、今このセカンドオピニオン税理士のメリットの1つが、誰も気が付かなかった企業の問題点を発見出来る可能性があるという点です。
長い間同じ税理士事務所に顧問税理士を依頼するのには、自身の企業の事を知り尽くしてくれるというメリットの一方、次第に業務内容が形式化してきて、慢性的に起きている問題に対応出来ない可能性があるというデメリットがあります。
そうしたデメリットを、第3の目であるセカンドオピニオン税理士に補ってもらい、長年企業の財政問題などを担当してきた人が見落としている改善点を探し出す事を目的に契約する企業が増加傾向にあります。

 また、顧問税理士の得意分野以外を専門としているセカンドオピニオン税理士に依頼するという活用法もあります。
税金問題に強い税理士や、企業買収に強い、海外の取引きに強い等、一言で税理士といっても得意分野は大きく違います。
今まで顧問税理士として依頼してきた税理士のカバーしきれない分野を得意とする税理士にセカンドオピニオンを依頼するという企業も昨今では増えて来ました。
また、なれ合いを防ぐためという利用方法もあります。
長年業務を行っていると、どうしても緊張感がなくなっていくものですが、このセカンドオピニオン税理士の目が入る事により、改めて問題に向かい合うという緊張感を持たせるという意味合いで利用する企業も少なくありません。
特にこうした利用法は、創業歴が長い企業で良く採用されているようです。

 その他、セカンドオピニオン税理士業務に対応している事務所の実績を評価して利用するという企業もあります。
セカンドオピニオン税理士業務に対応している事務所は、色々な業界の業務に対応している事から、他には無いノウハウを多数蓄積しています。
中には、セカンドピニオン業務の方を優先しているという事務所等もあり、そうした所ならよりフラットな目線でのチェックが期待出来ます。
税務調査での対応という点も期待出来ます。
1人の税理士では、様々な交渉が心もとないと感じた時に、複数の税理士に依頼する事により、税務調査をスムーズに行い、生産活動に専念するという業務効率化という利用方法もあります。
ただ、こうしたセカンドオピニオン税理士に依頼する際には、現在の税理士との関係が悪くならないように注意しましょう。

次の記事へ

ページトップへ