セカンドオピニオン税理士☆徹底ガイド

ホーム > セカンドオピニオン税理士の豆知識 > セカンドオピニオン税理士のメリットと申告書の正確性

セカンドオピニオン税理士のメリットと申告書の正確性

 多くの事業者は、税金に関する業務を税理士に任せています。
そもそも税金に関する計算方法は、決して簡単ではありません。
沢山の計算式がありますし、計算方法を誤解している方も少なくありません。
ちなみに現在では、WEBで簡単に申告できる状態になっています。
税額を自動計算してくれるシステムを活用すれば、わざわざ複雑な計算を行わなくても、簡単に申告書を作る事もできます。
しかし税金の解釈を間違っていると、それでもミスが生じてしまう事もあります。
納税額が間違ってしまうのも困りますし、専門家に相談している事業者も多いです。
幸いにも税理士は、税金に関する知識が豊富です。
税務に関する計算は正確であると見込んで、税理士に相談している方も少なくありません。
事業者によっては、セカンドオピニオン税理士に依頼している事もあります。

 確かに税理士は、税金に関する専門知識はあります。
しかし税理士の計算は、必ずしも正確であるとは限りません。
そもそも税金に関するルールは、非常に複雑です。
申告する税金の項目によっては、色々な考え方で解釈される事もありますから、なかなか正解が導けない事もあります。
たとえ税理士に任せてみても、計算結果が間違ってしまう事もある訳です。
しかし税理士に依頼する側からすると、結果が間違ってしまうのは大変困ります。
そこでセカンドオピニオン税理士に依頼してみる訳です。
あえて複数の税理士と契約した上で、申告書の正確性を高めていくやり方があります。
実際複数の税理士と契約する方が、良い結果に結びつく事も多いです。
正確な書類を提出したい時は、セカンドオピニオンも前向きに検討してみる価値はあります。

 例えば現時点では、Aさんという税理士と契約しています。
ただAさんは、税務に関する経験はあまり豊富ではありません。
それだけにAさんが作成してくれる申告書は、間違っている可能性があります。
もしも間違っていますと、大きな問題点も発生しかねません。
そこでBさんという別の税理士にも相談しておく訳です。
一旦はAさんが作成してくれた申告書を、改めてBさんが確認するイメージです。
2回に渡って確認すれば、申告書の精度も高まると見込まれます。
ですから正確な内容で申告したい時は、複数名の税理士との契約も検討してみる方が良いでしょう。
ちなみに複数名と契約する場合、費用も若干高めにはなります。
しかし費用が多少かかっても、正確な内容で申告したいというニーズも多いです。
ですから多くの事業者は、よくセカンドオピニオン税理士に相談しています。

次の記事へ

ページトップへ