セカンドオピニオン税理士☆徹底ガイド

ホーム > セカンドオピニオン税理士の豆知識 > セカンドオピニオン税理士の意見も聞いてみる

セカンドオピニオン税理士の意見も聞いてみる

 税金は、色々な解釈が想定されます。
一見正しいように思われる項目も、実は間違っている可能性もあります。
経費もその1つです。
例えば自分が手がけている事業に関して、何らかの支出が生じたとします。
事業の効率化に関して、便利な製品を買ったとします。
問題は、その製品のお金に関する解釈です。
ツールなどを買うにしても、色々な解釈があります。
消耗品であると解釈されたり、別の項目であると解釈される事もあります。
実際、購入する製品によっては、なかなか結論が導き出せない事もあります。
そこで税理士に相談してみる訳です。
税理士は税金には非常に詳しいですから、正解を教えてくれる事も多々あります。
その他にも、税務申告は色々な不明点が生じてくる事も多いです。
ですから税金に関する悩みを抱えている方は、よく税理士に相談しています。

 ところで人によっては、現在契約している税理士に関する不安感を抱えている事があります。
確かに税理士は、税金に関する専門知識はあります。
しかし税理士も完璧ではありません。
税理士事務所の担当者は定期的に訪問してくれるものの、若干頼りないと感じられる事もあります。
訪問に来てくれるのは若い担当者なので、果たして大丈夫なのかどうか心配している方も多いです。
その場合、セカンドオピニオン税理士も検討してみる価値はあります。
あえて別の税理士にも相談してみて、意見を聞いてみる訳です。
1人の人物だけの意見を参考にするのではなく、あえて複数名の意見に耳を傾けるイメージです。
現在契約中の税理士とは別の視点で話をしてくれる事もありますから、セカンドオピニオンを前向きに検討している方も少なくありません。

 そもそも会社では、たまに会議が行われています。
会議を行う理由は色々ありますが、複数名の同意を取り付けるケースも多いです。
それだけでなく、色々な人物の意見に耳を傾ける目的もあります。
そもそも自分の考え方は、必ずしも正しいとは限りません。
そこで他の人物の意見に耳を傾けてみて、新たな発想を得る事もあります。
セカンドオピニオン税理士も同様です。
現在自分と契約している税理士だけの意見を参考にするのではなく、あえて別の税理士の意見も確認してみると、新たな解決策が見えてくる事もよくあります。
上記でも少々触れた通り、税金に対しては色々な解釈があります。
それも考慮すると、セカンドオピニオンも検討してみる価値はあります。
ですから「別の人物の意見を聞いてみたい」時には、よくセカンドオピニオン税理士が検討されています。

次の記事へ

ページトップへ