セカンドオピニオン税理士☆徹底ガイド

ホーム > セカンドオピニオン税理士の豆知識 > セカンドオピニオン税理士の費用はどれぐらいか

セカンドオピニオン税理士の費用はどれぐらいか

 税理士と顧問契約を結ぶなら、お金も支払う必要があります。
報酬という形でお金を支払いますが、それはセカンドオピニオン税理士も同様です。
セカンドオピニオン税理士に相談するメリットは、色々あります。
その1つは申告書の精度です。
現在契約している税理士が作ってくれる申告書は、必ずしも正確であるとは限らないので、セカンドオピニオンが検討される事もあります。
それと第三者の意見です。
別の人物からの意見を聞いてみたいので、セカンドオピニオンが検討される事もあります。
そうかと思えば専門分野などの理由でセカンドオピニオンを依頼するケースもあり、状況は多彩です。
ただ、どのような状況でも税理士にお金は支払わなければなりません。
具体的に何円ぐらい支払う事になるかは、それこそ状況次第です。

 セカンドオピニオン税理士との契約は、1年単位になる事が多いです。
ひとまずは1年間だけ契約しておいて、様子を見るケースも少なくありません。
その際の料金ですが、ある税理士事務所は月額5万円に設定しています。
月額で5万円になる以上、1年間で60万円になる訳です。
しかし上記の事務所には、複数の契約コースがあります。
月5万円のプランだけでなく、10万円のプランもあります。
どのプランで契約するかによって、料金も変わってくる訳です。
ただセカンドオピニオン税理士に対する月額は、100万円を超えるケースは殆どありません。
たいていの税理士事務所は、数万円や10万円ぐらいに設定している傾向があります。
数十万円ぐらいになる事はあっても、100万円を超えている事務所は殆ど見かけません。

 また依頼主の状況に左右されるケースも多いです。
多くの法人や事業者はセカンドオピニオン税理士に依頼していますが、個人の方々も依頼しているケースがあります。
個人の場合は、料金は若干低めになる傾向があります。
法人向けの場合は10万円を超えるものの、個人向けは2万円前後といった具合です。
それと居住地です。
そもそも税理士は、比較的遠い場所まで出張している事があります。
依頼主が事務所に直接行くのは難しい時などは、出張が依頼されるケースも少なくありません。
遠くの場所から税理士事務所に依頼する時などは、出張交通費がかかる事もあります。
場所が遠ければ、より多くの交通費を支払う形になります。
このようにセカンドオピニオン税理士に依頼する方の状況も多彩なので、料金もまた多彩です。
全体的に、月額10万円ぐらいになる傾向があります。

次の記事へ

ページトップへ