セカンドオピニオン税理士☆徹底ガイド

ホーム > セカンドオピニオン税理士の豆知識 > 優秀なセカンドオピニオン税理士の存在を理解しよう

優秀なセカンドオピニオン税理士の存在を理解しよう

 当然、日ごろからお世話になっている税理士の存在も確かに大きいです。
そういった専属の顧問税理士がいるにもかかわらず、解決できない税金の問題、もしくは納得できないような部分があるなら、セカンドオピニオン税理士を探すのも1つの有効的な手段となります。
つまり、顧問税理士が相談を持ちかけるような、さらにハイレベルなセカンドオピニオン税理士の存在のことであり、これがわかっていれば、スムーズに話を進められるようにもなるでしょう。
実際に、セカンドオピニオンとして動いたことがある税理士の先生、もしくはそういった先生が在籍している事務所をチェックすることが重要となります。
経験者の話が大きな参考材料になるので、いろいろな人たちの話に耳を傾けつつ、ピックアップすることが大事です。

 当然ながら、いつも頼りにしている顧問税理士に直接セカンドオピニオン税理士を紹介してもらうのが1番手っ取り早い方法となります。
ただ、顧問税理士を頼りにしていたものを、メンツをつぶしてしまうと感じているのであれば、ある程度顧問税理士の話も聞くべきです。
とは言え、お金、特に税金と言う大きい問題が絡んでくる以上は、基本的には遠慮せずに疑問に思っている事はしっかりと話として通しておいた方が良いでしょう。
話のわかる顧問税理士なら、自分自身で解決できない問題を絶対にそのままにせず、セカンドオピニオンとしてもっと優秀な先生を探し、依頼してくれるはずです。
その際にかかってくれる+ αの依頼料に関しては、どのように支払うべきなのか、そしてどのくらいのお金が必要になってくるのか、先に明確にしておくことが重要となります。

 ちなみに、インターネットを利用すると、セカンドオピニオンとして活躍したことがある税理士の情報に関して、全国規模で調べることができるでしょう。
パソコンやスマートフォンがあれば、すぐに税理士の情報に関してはチェックできるので、見逃さないようにしておきたいところです。
口コミ情報が集まっているサイトを利用したり、税理士関係の情報が集まっている専門サイトを利用すると、その類の情報コンテンツから豊富に情報を入手することができます。
最終的には、セカンドオピニオンを何度も体験してきた事務所を見つけ出して、そのホームページで実績を確認してから声をかけるのがセオリーです。
ホームページで実績をチェックすれば問題なくお願いできる税理士であることがわかるはずなので、それはわかってから声をかけても遅くないでしょう。

ページトップへ