セカンドオピニオン税理士☆徹底ガイド

ホーム > セカンドオピニオン税理士の豆知識 > 相続に関してセカンドオピニオン税理士に相談

相続に関してセカンドオピニオン税理士に相談

 誰かに財産を譲渡しますと、税金の問題が浮上してくる事があります。
その理由は相続税です。
例えば父親の財産を息子に譲渡する時などは、税金を納めるケースも多々あります。
譲渡する金額によっては、かなり税額が高くなる事もありますから、注意が必要です。
1億円ぐらいの資産を相続するなら、税額もそれなりに大きくなってしまいます。
そこで多くの方々は、色々と工夫しています。
一気に1億円を譲渡するのではなく、少しずつ財産を譲渡したり、やり方は色々あります。
ただ多くの方々は、あまり節税には詳しくありません。
その場合、税理士に相談してみる選択肢もあります。
税理士は、税金に関する専門知識があります。
多くの事業者は節税に関心を抱いていますから、税理士に相談しているケースも少なくありません。

 ところで相続税が気になっている方々は、たまにセカンドオピニオン税理士を検討しています。
たとえ税理士と契約中でも、セカンドオピニオンが検討される事も少なくありません。
現在はAさんという税理士と契約していても、新たにBさんとの契約が検討される事もあります。
なぜBさんとの契約を検討するかというと、専門知識の問題があるからです。
そもそも税理士は、それぞれ得意分野が異なります。
税理士は、必ずしも相続税に詳しいとは限りませんから、注意が必要です。
例えばAさんという税理士は、あまり相続に詳しくありません。
事業の節税に関する知識は豊富ですが、相続税にはあまり詳しくないケースもあります。
相続の節税が上手くいくかどうかは、専門知識に左右される一面もあります。
状況によっては、節税に失敗してしまう事もありますから、注意が必要です。

 そこでBさんというセカンドオピニオン税理士に相談してみる訳です。
現に、上記のような相続税の悩みを抱えていて、セカンドオピニオンを検討している方も少なくありません。
その際、相続税に詳しい税理士を選んでおく訳です。
Bさんが相続税に詳しければ、節税する事に成功して、悩みが解決されるケースも多々あります。
複数名の税理士に相談してみるのは、大いに意味がある訳です。
ただ上述のように、専門知識は軽視できません。
税理士の専門性をよく見極めた上で、相談してみる方が良いでしょう。
幸いにも相続に関する税理士事務所には、たいてい公式サイトがあります。
サイトを見てみますと、どのような分野に詳しいか確認する事もできます。
ですからセカンドオピニオン税理士を検討している方は、よく事務所のサイトを確認しています。

次の記事へ

ページトップへ